スターリン 批判。 和田春樹『スターリン批判』を読む

スターリン批判(スターリンひはん)とは

スターリン 批判

の第11回党大会において、レーニンはスターリンを党に任命した。 反スターリンの人は、はなからロシア連邦共産党には投票しない。 1906年7月、スターリンは ()と結婚し、グルジアので教会式を挙げた。 スターリン自身が行った赤軍将校の大量粛清はソ連の防衛力を著しく衰弱させていた。 軍事目的やソ連の宣伝も念頭に宇宙開発を推し進め、スプートニクやボストークの打ち上げに成功し、宇宙開発競争においてアメリカを引き離したのも、フルシチョフ在任中のことである。

次の

スターリン批判 1953~56年――一人の独裁者の死が、いかに20世紀世界を揺り動かしたか

スターリン 批判

個人崇拝批判に関しては、「六全協によって、家父長個人中心的指導を排し、集団指導に第一義的重要性をお」いてきたから、大会決議の精神に「十分の共感を持つことができる」と述べている。 和田によれば、ネチキナはここで「すべてのケースを「最小の悪」というのが正しいのか。 「スターリン Stalin 」はロシア語で「鋼鉄」を意味する語「 stal」に由来するものであり 、「鋼鉄の人 Man of Steel 」とも訳される。 スターリンは、1920年代にも辞任を2度表明しており、第15回党大会のあとにはより断固たる形で辞任を表明している。 また『中公』の座談会は、「若き日共党員の悩み」と題するもので、 武井はそこで、地下指導部の時代の「トラック部隊」事件といわれるものに率直に言及していた。

次の

スターリン批判

スターリン 批判

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 の長期にわたる専断的指導とそれによって生じたさまざまな矛盾に対し,彼の出てきた批判。 しかし、一パイロットとしては26回の出撃で撃墜2機・協同撃墜3機と少ないながら戦果も挙げたものの、高級将校としては能力も経験も不足していた。 10月25日の早朝、スターリンはボリシェヴィキによるクーデター()の司令部であった ()に向かい、レーニンと共に党中央委員会の会合に出席した。 住人はその瞬間、何が起きたか悟った。 他に屋外展示では飛行機嫌いのスターリンのために作られ、ヤルタ会談に出席する際に利用された、当時としての最新技術であるエアコンも完備された、スタブ付きの豪華な鉄道車両が保存されています。 またスターリンは、自分のやその時間を邪魔されることを極度に恐れ、障害となるものを徹底して排除しにかかっていた。 彼は、父親が自分たちの血統について話したと述べたが、スターリンへの個人崇拝に反する運動であるので黙っているとも話した。

次の

スターリン批判

スターリン 批判

そして、古参党員や歴史家をはじめとした多くの人々が、いかに社会を変革していくべきか、悩み、模索したか? 『世界』、『中央公論』にはフルシチョフ報告とミコヤン発言の要旨が紹介されている。 現代ロシアのスターリン主義は、専門家によると、多くが反発からくるものなのだという。 1928年、に対応して行われた体制による経済疲弊から一時的に導入されていた新経済政策()を切り上げさせ、を実行に移した。 ヒトラーはを準備中だと説明し、スターリン達を安心させた。 こうした経緯は、秘密報告の存在自体は米国務省発表以前からも徐々に知られるようになっていたとはいえ、テキストそのものの公表はやはり大きな衝撃だったことを物語る。 ソ連軍はハンガリー勤労者党を解散させてハンガリー社会主義労働者党に再編させ、が党書記長に就任して非スターリン化を進めさせながら、これまで非スターリン化・非ラーコシ化を進めていたを逮捕・処刑し、ハンガリー動乱の責任を負わせた。 この遜った行動により、スターリンは解任の危機を脱し、書記長に留任することを許された。

次の

スターリン批判(スターリンひはん)とは

スターリン 批判

ベネディクトの回想には、当時のことに関する面白いエピソードがある。 は1958年4月に新しい綱領を採択し、ソ連の覇権主義・官僚主義を批判して、ユーゴ独自の社会主義路線であるを確認した。 「反党グループ」の3人は追放されたが、このときフルシチョフを支持しなかったブルガーニンはほどなく首相を辞任させられ、フルシチョフが首相を兼任した。 なお、CIAのスタッフは公表用テキスト作成に当たって、各国共産党に疑惑をまき散らすために、原文にない若干の段落を付け加えたという (29)。 ディミトロフが獄中で手錠をはめられて数カ月過ごした苦労や、ドイツ語しか話せない人とドイツ語を話せない人がどうして会談できるのかなど、ナチス政権の謀略を暴いてゆく論戦ぶりも分かり、この裁判の歴史的意味を強く印象づけられました。 一方で、同地ではリーディア・ペレプルイギナ Lidia Pereprygina という当時13歳(帝政ロシアのを1歳下回っていた)の少女と関係を持ち 、彼女は1914年12月頃にスターリンの子を出産したが、この子供は生後間もなく死亡した。 1907年、スターリンの一味は武装した現金輸送隊をエレヴァン広場で待ち伏せし、発砲と手製爆弾による襲撃を行った。

次の

プラハの春(プラハのはる)とは

スターリン 批判

彼の指導の下、ソ連の諜報部隊は、()、イギリス、、日本、そしてアメリカを含む世界の主要な国の大部分に諜報の網を構築し始めた。 中国はソ連を「」と批判し、ソ連は逆に中国を「教条主義」と批判した。 どうしてそんなことも気づかない人がいるのでしょうか・・・。 特に、全領土で吹き荒れたの契機となった暗殺に至る陰謀について詳細に明かされた。 和田春樹、2016年、pp. 今度思いきって調べてみて、やっと暗黒面と感じていた事態の真相が分かりました。 秘密報告の内容が広く知れ渡るという情勢の中で、イタリア共産党のトリアッティは、雑誌『ヌオーヴィ・アルゴメンティ』誌の質問への回答 (同誌、五=六月号、まもなく『ウニタ』紙六月一七日に転載)およびそれにすぐ引き続くイタリア共産党中央委員会報告 (『ウニタ』紙六月二六日)で、スターリン批判に関する独自の見解を発表した(なお、彼自身はもっと早い時点で秘密報告を知っていたはずだが、その段階では直接の反応の公表を控えていた。 当時の中国では国共内戦の終結から7年の月日が過ぎ、建国直後は地方で相次いだ叛乱も終息、戦災復興が各地で始動しつつありました。

次の