現場 猫 トリプル チェック。 【現場猫/仕事猫】仕事猫のフィギュアコレクションガチャ。全5種+シークレットを送って頂きました。【ヨシ!】

【現場猫】「ヨシ!」と指差し確認する猫の元ネタと解説。コラ画像から現場猫へミーム化は共感を呼んだからか

現場 猫 トリプル チェック

127• それぞれの素材を継ぎ接ぎして付け足していった結果生まれたキャラクターなので、その過程は少々キメラ的なものと評しても良いでしょう。 特に名称自体は無かったようですが、これが自然と「 電話猫」として定着していきました。 158• 時間も人手もかかりますし、チェックが終わらないと次工程に進めないという点では、チェック自体がボトルネック化する可能性があります。 1人で2回の確認を入れることも広義ではダブルチェックに含まれますが、ビジネスにおいて効率を上げたりミスを防いだりするダブルチェックにおいては2人以上が確認の行程に入るのが基本です。 しかし利用者側が、ダブルチェック・トリプルチェックといった方法で対応しようとするのはまだわかるのですが、開発側でこれを行おうとするのは正直納得できません。 もくじ• 「トリプルチェックの弊害」 バズっていたのはこのツイートですね。 前述したように総じて現場猫は「ヨシ!」と言っているにもかかわらず、次の瞬間にも労働災害に発展しそうな状況であることがほとんどです。

次の

「時空を超えたトリプルチェック #現場猫 」

現場 猫 トリプル チェック

インターネットで情報を集めるばかりで、自分で膨らませる、何か次のことを展開して考えるという癖がなくなっています。 作者さまのツイートには「夜中科学電話相談」とありますね。 テスト駆動開発についても共通しているところはあると思います。 引用元: 使われた素材は、• 笑い話として見かけるものの中に、「Excel でマクロや関数を使って自動集計したものはズルをしているものだし、信用できない」というものがあります。 互いの協力関係があって初めて安全に機器が使われると言うことです。

次の

ダブルチェックの意味とは?Wチェック/ミス/二重チェック/問題点

現場 猫 トリプル チェック

なら・・・・・ もう一人、増やして「三重確認」(トリプルチェック)は、どうでしょう? 皆さんの廻りでも、良くありませんか? ダブルチェックでもエラーが出るので、トリプルチェックを事故防止対策にする事が!! 残念ながら、結果は、「65%」と一人での作業と同じになりました。 現場猫は電話猫同様にその見た目とコラの拡張性・汎用性が高く、瞬く間にネット上に拡散していきます。 やってしまったときには この言葉。 組み立てられた製品が現場でまさかそんな使い方をされるとは思わなかった、というトラブルも起きています。 137• この猫を、いつからか 現場猫と呼ぶようになりました。 162• そこは同意。 このような人は開発側にもまだまだ多く存在しています。

次の

「多重チェックでエラーは防げる」の誤解

現場 猫 トリプル チェック

このような状況は、メーカー側が現場を見て気づいてほしいことです。 2 フールプルーフの落とし穴 (列車の自動化について) 以前から「自動化の皮肉」「自動化のジレンマ」という言い方があります。 102• 例えば開発現場でも、誰かがプログラミングした機能は、必ず別の人間にテ ストさせます。 運転手は座っていますが、スタートボタンを押すだけです。 現場猫を通じて気をつけていきたい労災意識 しかし商業マーケティングでもない自然発生の現場猫はどうしてじわじわと広まっていったのでしょうか。 147• 118• それが、こちらです• 人気すぎて即完売状態。

次の

ダブルチェックに頼っても意味はない:地方からの戯言:エンジニアライフ

現場 猫 トリプル チェック

140• この方法は文章の推敲などによく使われます。 また、電話猫はいろんな意味で汎用性の高すぎるため、様々なコラージュが生まれました。 しかし最も大事なのは、なぜそのような設定がされているのかを考える習慣です。 現場猫が浸透する前に電話猫が先にネット上を侵略していたのですね。 しかし、その場に誰か別の人がいれば、別の人がチェックをするという方法も取ることができます。 109• 被験者は多重度1(1人のチェック)から、多重度5(5人のチェック)までの5段階のグループに別れ、各グループ20組で実験しました。

次の

「多重チェックでエラーは防げる」の誤解

現場 猫 トリプル チェック

146• そのためには、医療側からの積極的な要望も欠かせません。 部門や役職も問いません。 工場や現場で作業されている方は、日々危険と隣り合わせの状況で仕事をされています。 108• いくら良品を作ろうとしても、ついつい不良になってしまいます。 その状況ではどんなトラブルが起こる可能性があるのか想像できるようになることです。 このようなケースでは、システムが機械的にチェックすることが最も効率的なのですが、機械を信用できないのか「一番頼りになるのは人間の目」と信じて疑わない人にとっては、チェックする人数を増やして対応するのが一番効果があると思い込んでいるのです。 144• チェックの手厚さが対策にならないとわかったこの会社では、別の方法(指示書の簡素化、定型化、教育訓練の充実)などに目を向けるようになりました。

次の

【どうして】「現場猫(仕事猫)」とかいう謎キャラまとめ【元ネタ】

現場 猫 トリプル チェック

宜しければ、皆様も定期的に見に来ていただければ幸いです。 CIMA人財教育開発の公開セミナーの一部を紹介します。 ヨシ!の「現場猫」は元々2016年の「電話猫」が派生していったもの。 139• 現場猫が広まったのは労働災害への意識や、現場あるあるが共感されたためか。 シングルチェックでも流出する記入ミスの割合は変わりませんでした。 そこをダブルチェックで対応する、というのを最初から提示するようであれば、それはある意味で自分たちの業務を放棄していることにならないでしょうか。

次の

【ヨシ!】現場猫の面白コラまとめ2【仕事・休日・飲み会】

現場 猫 トリプル チェック

人間と機械のどちらが良いのかというと結論は出ていません。 以下にセミナーの案内がありますので、 興味ある方、是非、申込みをお願いします。 (アラームの実験) ある心理学者が行った実験があります。 下記の関連記事には、うっかりミスが多くなってしまう原因とその対策がまとめられていますので、ミスを防ぐにはうってつけの内容です。 ダブルチェックなどの人力によるチェックが有効に働くためには、例えばその二人が違う観点からチェックしあえる事が重要になるのですが、多くの現場では単純に人数を増やして深くは考えないようにしているように思えます。

次の